お問い合わせ

年齢や性別の違いによってケトン値に違いがありますか?

糖質制限の結果が可視化できるケトスキャンminiで測定されるケトン値は、男性の方がケトン生成がより良く行われ、数値も高く表示される傾向があります。

理由はホルモンの違いと内臓脂肪と皮下脂肪が関係しています。

ホルモンの違い
まず、女性ホルモンは基本的に脂肪を保存しようとし、男性ホルモンは脂肪を保存するより燃焼させようとする特徴があります。

また、ホルモンは一定量が常に維持される恒常性維持が重要ですが、女性は生理の影響でホルモン恒常性が崩れ、体にストレスを与えるため、ケトン生成にも影響を与えます。

実際、女性がケトジェニック献立を継続的に摂取しても、生理中はケトアウト状態になり、体重も増加する場合が多くあります。

内臓脂肪と皮下脂肪
男性は脂肪が主に内臓脂肪に保存され、女性は脂肪が主に皮下脂肪に保存されます。
ケトン生成は肝臓で行われるため、肝臓の近くにある内臓脂肪がより早く消費されます。
よって内臓脂肪が多い男性の方が、ケトン生成が早く体重減少と共に数値も高く表示される傾向があります。

また、年齢によってもケトン値に違いが生じます。
例えば、50代女性が20代男性と同様の献立を摂取しても、一般的に50代女性の基礎代謝量が低いため、ケトン値も低く表示されます。

この回答は役に立ちましたか?
  • はい (1)
  • いいえ (0)

回答日:

この質問を見た人はこんな質問も見ています

問題が解決しない場合はこちら

お電話でのお問い合わせ

045-988-5151

平日11:00~17:30(土日祝休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

メール問い合わせ

新型コロナウイルス感染症対策に伴う電話対応について

新型コロナウイルス感染症対策により、当店(※所在地:神奈川県)では当面の間、電話相談時間を変更して対応させていただきます。
時間帯は平日の11:00~14:00となります。
それ以外の時間帯や土日祝日に関しましては、お問い合わせフォームやメールよりお問い合わせ下さい。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防に関する当店の取り組みについて

商品別のご質問・問合せ