お問い合わせ

ジェントライトはビタミンDがどのくらい生成されるのでしょうか?

ジェントライトには、紫外線領域の波長も含まれており、確かにビタミンD生成の効果も期待できます。
実際に生物の育成などにも使用されています。

ただし、ビタミンDが太陽光と同じほど生成されるというものではなく、LEDの光がほとんど紫外線を含まないところ、『ジェントライトは太陽光(自然光)と同じ割合で紫外線を放射する』というものとなります。

太陽光とジェントライトの光の強さの比として20:1程、晴天の状況によってはそれ以上の比になります。

また、ビタミンD生成に関わる紫外線の強さに関しては、屋外太陽光に含まれるものは1ミリワット/パー平方センチメートル、ジェントライトに含まれるものは1マイクロワット/パー平方センチメートルと、1000分の1程度です。

これは、ジェントライトに8時間あたったとして、太陽光に29秒あたるのと同じくらいです。

ビタミンD生成の効果は期待できるものの、それで十分ということではありませんので、1日に数分でも、実際の太陽光を浴びていただくことをお勧めします。

この回答は役に立ちましたか?
  • はい (1)
  • いいえ (0)

回答日:

この質問を見た人はこんな質問も見ています

問題が解決しない場合はこちら

お電話でのお問い合わせ

045-988-5151

平日11:00~17:30(土日祝休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

メール問い合わせ

新型コロナウイルス感染症対策に伴う電話対応について

新型コロナウイルス感染症対策により、当店(※所在地:神奈川県)では当面の間、電話相談時間を変更して対応させていただきます。
時間帯は平日の11:00~14:00となります。
それ以外の時間帯や土日祝日に関しましては、お問い合わせフォームやメールよりお問い合わせ下さい。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防に関する当店の取り組みについて

商品別のご質問・問合せ