お問い合わせ

どこでもマッチョPROとバータイプの懸垂器具との違いは?

自宅のドアを利用した懸垂器具は、ドア枠上部の出っ張りに引っ掛ける どこでもマッチョPROを代表とするタイプとドア枠に突っ張り棒の要領で固定する、いわゆる懸垂バーと言われる2つのタイプが存在します。

ぶら下がり健康器のように場所を取らないので、Withコロナによるテレワークや自粛生活での運動不足解消に人気が高まっています。

この2つのタイプの懸垂器具について、メリット/デメリットをご紹介します。

懸垂バーのメリット
棒状なので収納に場所を取らない
子供用に設置位置を低くできる
梁があれば廊下の壁でも取り付け可能

懸垂バーのデメリット
取り付ける時間が必要
ドア枠内に取り付ける為、膝を曲げないと懸垂ができない
持ち手のバリエーションがない
商品によっては、懸垂中にバーがズレてくる
柱や壁を傷つける可能性がある
ネジで固定するタイプもあり、賃貸では使いづらい
中国の販売業者が多い

どこでもマッチョPROのメリット
脱着一瞬
高い位置で懸垂が可能
持ち手が変えられるので鍛えられる部位が多い
ドア幅が狭くても取付可能
製品企画が日本

どこでもマッチョPROのデメリット
やや重量があるので、あまりにも古い築年数の建物では不安
出っ張りが1cm以上ないと取付できない
ドア枠の奥行により設置できない可能性がある

この回答は役に立ちましたか?
  • はい (2)
  • いいえ (0)

回答日:

この質問を見た人はこんな質問も見ています

問題が解決しない場合はこちら

お電話でのお問い合わせ

045-988-5151

平日11:00~17:30(土日祝休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

メール問い合わせ

新型コロナウイルス感染症対策に伴う電話対応について

新型コロナウイルス感染症対策により、当店(※所在地:神奈川県)では当面の間、電話相談時間を変更して対応させていただきます。
時間帯は平日の11:00~14:00となります。
それ以外の時間帯や土日祝日に関しましては、お問い合わせフォームやメールよりお問い合わせ下さい。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防に関する当店の取り組みについて

商品別のご質問・問合せ