お問い合わせ

そもそもケトン体とは何ですか?

ケトン体は、β-ヒドロキシ酪酸、アセト酢酸、アセトンの総称です。
ケトン体は、糖質制限などにより体内に糖質が不足した状態になると、脂肪が分解され生成される物質で、糖質の代わりにエネルギー源として利用されます。

エネルギー源として利用されなかったケトン体は、尿や呼気として体外に排出されます。
脂肪の分解が進み、体内でケトン体が増加している状態を「ケトーシス」といいます。

ケトン体は、血液、尿、呼気の3つから測定することができます。
血液検査では、血中の総ケトン体を測定します。
ケトン体のうち大部分を占めるβ-ヒドロキシ酪酸を検出することができるため、3つの測定方法の中で、最も高精度な結果が出ると言われています。
その一方、測定のたびに採血を行う必要があり、結果が出るまで時間がかかるいう欠点があります。

尿検査は、試験紙の色の変化により、尿中のケトン体の量を測定する方法です。
安価で血液検査と比べ気軽にできる反面、尿の量により数値が大きく影響を受けることや、主な測定対象がアセト酢酸であるため、β-ヒドロキシ酪酸を検出できないという欠点があります。
そのため、尿検査でケトン体が検出できなかった場合でも、ケトーシスの状態である可能性はあります。

呼気測定法は、呼気に含まれるアセトンの濃度を測定する方法です。
呼気測定法では、飲食や歯磨きの直後などに測定すると、数値にブレが生じるという欠点があります。
しかし、呼気アセトン濃度血中ケトン体濃度との相関性があるため、尿検査より正確な数値を出すことが可能です。
また、息を吹きかけるだけで測定ができ、結果もすぐに確認できるため、最も気軽に正確な数値を知ることのできる方法です。

各測定方法での結果で、血液検査および尿検査のケトン体には、mmol(ミリモル)という単位が使われます。
ケトスキャンminiをはじめとする呼気測定のケトン体には、ppm(パーツ・パー・ミリオン)という単位が使われます。
これらは測定する方法や物質が異なるため、単純に「何mmol = 何ppm」には換算できません。
また、血中および尿中ケトン体のレベルに関しましては、レベル分けの情報がネット上でも色々異なっており、どのレベルに該当するかという判断は難しい状況です。

ケトスキャンminiは、ケトン値を可視化することでダイエットのモチベーション維持にお役立ていただく事をおすすめしている商品です。
ケトン体の数値を測定する商品ですので、血糖値を測定することはできません。
下記の表のようにレベル分けをしており、
・低カロリーダイエットの場合は10ppm付近
ケトジェニックダイエットの場合は10-40ppm
を目指すことを推奨しております。

ppmレベル分け
この回答は役に立ちましたか?
  • はい (1)
  • いいえ (0)

回答日:2021年12月8日

この質問を見た人はこんな質問も見ています

問題が解決しない場合はこちら

お電話でのお問い合わせ

045-988-5151

平日11:00~17:30(土日祝休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

メール問い合わせ

新型コロナウイルス感染症対策に伴う電話対応について

新型コロナウイルス感染症対策により、当店(※所在地:神奈川県)では当面の間、電話相談時間を変更して対応させていただきます。
時間帯は平日の11:00~14:00となります。
それ以外の時間帯や土日祝日に関しましては、お問い合わせフォームやメールよりお問い合わせ下さい。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防に関する当店の取り組みについて

商品別のご質問・問合せ